Popular Mailchecker

メール誤送信防止ツール

製品概要

導入効果

メール作成作業の効率化が図れます。

  • 添付ファイルのパスワード付きZIPファイル化(圧縮暗号化)が自動化できます。
  • 同報者(CC/BCC)の自動挿入、自己BCCも自動化できます。

メール送信時、自己チェックが可能(ケアレスミス防止)

  • 既存メールソフトで送信直後、MailChecker確認画面が起動し、チェックを要求します。
  • 件名、宛先、添付ファイル、警告文字等、チェックボックスによる確認を要求します。

導入~運用時、関係者の負荷は軽微です。

  • 既存PCにインストールするだけで、即、実運用が可能となります。

    ※インストール直後のアカウント情報(サーバー関連情報)の再設定は不要です

  • 既存PC上で稼動、新たな設備投資(Server等の手配)は不要です。
  • インストール、バージョンアップの自動化が可能です。

    ※サイレントインストール手順の提供、自動更新機能完備、ナビ表示、
    相違項目&相違行のカラー表示、相違レコード抽出表示、縦横表示切替、
    1レコード表示


予算に応じた段階的リスク対策が可能です。

  • メール誤送信に対するリスクに気づいた直後に、短時間で最善の防止策が構築できます。
  • 外部連携の多い部門(営業部門等)を対象とするだけで、リスクの大半が解消されます。

主な機能

メール送信直後に、Mail Checker確認画面が起動し、送信内容の確認要求を行う。

  • 件名、TO、CC、BCC、添付ファイル、警告文字等、全てのチェックがなされるまで送信が保留される。
  • Mail Checker 上で、複数の未送信メールを保留でき、保留メールを切り替えて表示し、相互の関連性の確認等、実送信前の再チェックが可能。

添付ファイルの圧縮・暗号化(ZIPファイル化)が、ワンクリックで実現できる。

  • 事前に設定すれば、総ての添付ファイルは自動的に圧縮・暗号化される。
  • 各社のセキュリティポリシーに則った、圧縮・暗号化ルールが設定できる 。
  • 複数の添付ファイルは1つの圧縮ファイルに収められ、ファイル名の変更も可能。

To/CCの外部ドメイン制限数

メールニュース等の配信で一般的となっている、BCC機能を利用した同報メールで、間違ってTO/CCにセットし個人情報漏洩事件事故となるケースを防ぐために、新たに追加された機能です。
TO/CC上にセットされる外部ドメインのメールアドレスの制限数を事前にセットし、制限数を超えたときに警告を表示します。

運用ルールに則った、上司・関係者へのCC/BCC設定が可能。

送信先ドメイン単位に、同報者の自動追加を行うためのCC/BCC設定が可能。

アラート機能(有償オプション)

メールチェッカーはユーザの送信先(To/Cc/Bcc)の組合せ履歴を管理し、履歴データと照合し、送信先の組合せについて安全性を判定し、アラート欄に提示できる。

ページの一番上へ戻る